竹炭専門メーカ日本エイム・支払い方法・お問い合わせ

竹炭の製造・卸・販売。湿気対策!竹炭倶楽部、竹炭パウダー、竹酢液などの販売

home|竹炭樹脂

竹炭樹脂

竹炭樹脂

原料の約50%に竹炭を含有

竹炭には無数の孔があり、昔から消臭や調湿などに利用されてきました。
その竹炭の性能を損なわない特殊な樹脂と竹炭とを混合した「竹炭樹脂」。
ペレット状から様々な形へ加工ができ、多様な樹脂製品への応用ができます。

ペレット状から加工が出来ます

竹炭樹脂をシート状に加工

竹炭樹脂 シート状

竹炭樹脂を板状に加工

竹炭樹脂 板状

竹炭樹脂 お問い合わせ

原材料 樹脂、竹炭
製品形 ペレット状
用途 消臭、有害物質の吸着

アンモニア消臭性試験
(ペレット状)

【試験機関】一般財団法人 ボーケン品質評価機構

【試験体】竹炭樹脂(ペレット状 50g)

【試験結果】

竹炭樹脂 空試験
0分 100ppm 100ppm
2時間後 8.9ppm 80.0ppm
24時間後 0.2ppm 54.3ppm

2時間後には、アンモニア濃度100ppmを、なんと8.9ppmまで低下させることができた。さらに24時間後には0.2ppmまで低下させることができた。竹炭樹脂(ペレット状)は、かなり消臭効果に優れていることが確認できた。

アンモニア消臭性試験
(プレート状)

【試験機関】一般財団法人 ボーケン品質評価機構

【試験体】竹炭樹脂(プレート状 10cm×10cm)

【試験結果】

竹炭樹脂 空試験
0分 100ppm 100ppm
2時間後 47.1ppm 80.0ppm
24時間後 8.9ppm 60.0ppm

2時間後には、アンモニア濃度100ppmを、なんと半分以下の47.1ppmまで低下させることができた。さらに24時間後には8.9ppmまで低下させることができた。プレート状に加工した竹炭樹脂も、消臭効果に優れていることが確認できた。

ガス(ホルムアルデヒド)吸着性能試験

【試験機関】一般財団法人 化学物質評価研究機構

【試料】竹炭樹脂(プレート状)

【試験結果】

竹炭樹脂 ホルムアルデヒド試験表

竹炭樹脂 ホルムアルデヒド試験グラフ

24時間後は、ホルムアルデヒド濃度10ppmを3.5ppmまで低下させることができた。したがって竹炭樹脂は、有害物質吸着効果に優れていることが確認できた。

こだわりの竹炭

  • 孟宗竹

    素材
    標高500m以上の中国の高地で育成した青々とした孟宗竹を使用。

  • 備長土窯

    備長土窯
    厳選した孟宗竹を、高温の備長窯で焼き上げ炭化し、炭素率の高い、高品質の竹炭を作ります。

  • 伝統的な製法

    伝統的な製法
    備長焼竹炭は800度~1200度の備長窯で炭化しています。

おすすめ品

店舗のご案内

オススメ商品

人気商品

topへ戻る