竹炭専門メーカ日本エイム・支払い方法・お問い合わせ

竹炭の製造・卸・販売。湿気対策!竹炭倶楽部、竹炭パウダー、竹酢液などの販売

home|竹炭パウダー7.5ミクロン 工業用【竹炭メーカー日本エイム】

竹炭パウダー7.5ミクロン 工業用【竹炭メーカー日本エイム】

竹炭パウダー7.54ミクロン工業用

抵抗値は10Ω以下、
通電性のある超微粉末竹炭

通電テスト

竹炭パウダー7.5ミクロンは、備長炭を焼く土窯でじっくりと焼き上げた最高級の竹炭です。竹炭を斑なく焼き上げる技術が電気抵抗値を小さくしました。

竹炭粉をパウダー化した超微粒子炭で、一般的な素材としても、また工業用素材としてもご活用いただけます。今、注目の素材です。
※上写真は、竹炭粉を加圧して測定しました。

通電性のある竹炭粉
磁気を帯びているため磁石に付着しています↑

竹炭パウダー7.5ミクロン工業用
荷姿 ・1kg入り(アルミパック)
・10kg入り(箱入)
用途 7.5ミクロン(中位径)
工業用添加物・染色用

竹炭パウダー7.5ミクロン(1kg)

商品番号: 20137
申込単位: 1kg (アルミパック)
販売価格: 4,400円(4,752円税込)

数量:1kg× セット   

竹炭パウダー7.5ミクロン(10kg)

商品番号: 20138 特価中!
申込単位: 10kg(箱入り)
販売価格: 35,200円(38,016円税込)

数量:10kg× セット   

■配送料:680円
10,800円以上のお買い物で送料無料です。
(一部地域を除く)
■正午までのご注文は当日出荷致します。(土日祝日及び他休業日は除きます。)

※大量購入をご検討の場合は直接ご相談下さい。
※6個以上のご注文につきましては、カート画面にて数量を変更ください。
※風流圧分離機によって粒度分別しており多少の誤差が生じる場合があります。
※在庫切れの場合はお問い合わせください。
※表示価格は全て消費税込みの価格です。
※商品により申込単位数が変わります。ご確認の上お申し込みください。
※商品画像は、実際の色と多少異なる場合がございます

工業用素材としても使用可能な注目の素材

備長土窯で焼いた備長焼竹炭

竹炭の電気的物性と電磁波シールド効果に関する研究(鹿児島県工業技術センター)によると750℃以上の温度で炭化した竹炭は、電磁波シールド効果が高いという研究結果が報告されています。

超微粒子炭であり、また通電性の有る竹炭パウダー7.5ミクロンは、工業用素材としてはもちろんの事、その他にも、これから様々な分野で活用できる素材として注目されています。

試験データから見る竹炭パウダーの品質

【竹炭パウダー7.5ミクロン 検査結果】

炭素分析試験データ
試験機関 財団法人 九州環境管理協会
試験方法 土壌環境分析法(1997)第V章8.A CNコーダー 〔元素分析計(CHNコーダー)による分析〕
分析結果 炭素率/82.2%
粒度分析試験データ
試験方法 レーザー回折法
解載機器 ベックマンコールター.LS230

竹炭パウダー7.5の試験データ

ピーク(um) 7.479
頻繁(%) 100.00
幅(um) 7.339
累積(%) 粒径(um)
10.00 1.988
25.00 3.848
50.00 7.479
75.00 13.06
90.00 20.22

伝統的製法の
備長窯で作りました。

伝統的製法による孟宗竹の炭化備長焼工法は白炭作りとも呼ばれ、 800度~1200度の備長窯で炭化し、窯から直接炭を取り出し消し 粉をかぶせて冷やします。
一般に使用されている木炭は、備長窯を使用せず約400度~800度で炭化し、炭質が柔らかく安価です。弊社の竹炭は、伝統的な備長窯を用いて高温で焼き上げ、竹炭の原型をとどめるため、窯から取り出さず自然な状態で冷やして作り上げた 備長焼き竹炭です。

備長焼竹炭

原材料に
こだわっています

  • 孟宗竹

    素材
    標高500m以上の中国の高地で育成した5~7年の一番成熟している時期の孟宗竹を使用。この時期の孟宗竹は肉厚がしっかりとしてみずみずしさが全く違います。

  • 備長土窯

    備長土窯
    厳選した孟宗竹を、高温の備長窯で焼き上げ炭化し、炭素率をあげることで不純物を取り除き、安心、安全な製品をお届けいたしております。

  • 伝統的な製法

    伝統的な製法
    備長焼工法は白炭作りとも呼ばれ800度~1200度の備長窯で炭化し、窯から直接炭を取り出し消し粉をかぶせて冷やします。

備長焼竹炭とは

おすすめ・関連商品

店舗のご案内

オススメ商品

人気商品

topへ戻る